宅建業免許の区分と有効期限

宅建業免許は、宅地建物取引業法により以下の2種類に区分されています。

国土交通大臣免許

2以上の都道府県に事務所を設置して営業を行う際に必要となります。

都道府県知事免許

1つの都道府県内に事務所を設置して営業を行う際に必要となります。

宅建業免許の有効期間

宅建業免許を受けるには、厳しい審査を通り一定の資格を有すると認められる者に与えられます。この免許を受ける資格の有無については、定期的に判断する必要があることから、宅建業免許の有効期間は、知事免許・大臣免許ともに5年間と定められています。継続して宅建業を営むには、有効期間が満了する90日から30日前までに、免許の更新手続きを行わなければなりません。

宅建業免許申請代行・賃貸住宅管理業登録申請代行サービス提供エリア

当事務所の宅建業免許申請代行サービス及び賃貸住宅管理業登録申請代行サービスは、東京の下記の地域で免許申請・登録申請をご予定のお客さまが対象です。
お客さまご指定の場所(ご自宅や企業様、最寄の喫茶店等)への出張相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

地域 市区町村
23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市

※東京23区以外の地域での出張相談については、交通費等を別途ご請求させていただく場合がございます。その際は、事前にお知らせ致します。

宅建業免許の申請に関するご相談

宅建業の免許に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 宅建業免許申請代行 東京.com/素早い対応で確実に宅建業免許申請致します(新規申請、更新申請、変更届出) All Rights Reserved.