宅建取引主任者の新規登録

宅地建物取引主任者としてお仕事をする為には、宅建取引主任者資格試験に合格し、合格した試験地の都道府県知事の登録を受け、宅建取引主任者証の交付を受けることが必要です。その際に必要な書類は以下の内容となっています。

宅建取引主任者として登録申請に必要な書類

順序 書  類  の  名  称
1 登録申請書(様式第5号)
2 誓約書(様式第6号)
3 身分証明書
4 登記されていないことの証明書
5 住民票
6 合格証書
7 顔写真 縦3cm×横2.4cm 6カ月以内に撮影した物
8 登録資格を証明する書面
9 従業者証明書
10 法定代理人の許可書(未成年の方の場合)(第4号様式)
11 戸籍謄本(未成年の方の場合)
12 印鑑(シャチハタ不可)
13 登録手数料 ¥37,000(現金にて)
上記の青枠の書類は「法定様式」です。
都庁内の用紙販売所で購入若しくは東京都都市整備局HPより
ダウンロードする事が出来ます。

宅建取引主任者資格登録簿への登録には、約30日程度かかります。
登録が完了すると「登録通知」ハガキが郵送されてきます。

宅建取引主任者証の交付申請

宅建取引主任者として都道府県に登録が完了すると、通知(ハガキ)が届きます。その後、宅建取引主任者証の交付申請をします。
宅建取引主任者証の交付申請書の提出は、原則申請者ご本人が行ってください。
約30分程度で即日交付してもらえます。

宅建取引主任者証の交付申請に必要な書類

順序 書  類  の  名  称
1 宅地建物取引主任者証交付申請書(様式第7号の2の2)
2 顔写真 縦3cm×横2.4cm 6カ月以内に撮影した物
3 登録通知(ハガキ)
4 印鑑(シャチハタ不可)
5 登録手数料 ¥4,500(現金にて)
上記の青枠の書類は「法定様式」です。
都庁内の用紙販売所で購入若しくは東京都都市整備局HPより
ダウンロードする事が出来ます。

試験合格後1年経過している方

宅建取引主任者試験合格から1年以上経過している方は、登録完了してから法定講習を受講する必要があります。
この1日間の講習の終了後に宅建取引主任者証が即日交付されます。

宅建業免許申請代行・賃貸住宅管理業登録申請代行サービス提供エリア

当事務所の宅建業免許申請代行サービス及び賃貸住宅管理業登録申請代行サービスは、東京の下記の地域で免許申請・登録申請をご予定のお客さまが対象です。
お客さまご指定の場所(ご自宅や企業様、最寄の喫茶店等)への出張相談も承っております。お気軽にお問い合わせください。

地域 市区町村
23区 千代田区、中央区、港区、世田谷区、大田区、目黒区、品川区、渋谷区、杉並区、中野区、練馬区、新宿区、江東区、墨田区、葛飾区、江戸川区、台東区、文京区、荒川区、足立区、北区、豊島区、板橋区
立川市、武蔵野市、町田市、八王子市、三鷹市、西東京市、狛江市、国分寺市、国立市、調布市、府中市、武蔵村山市、福生市、多摩市、稲城市

※東京23区以外の地域での出張相談については、交通費等を別途ご請求させていただく場合がございます。その際は、事前にお知らせ致します。

宅建業免許の申請に関するご相談

宅建業の免許に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 宅建業免許申請代行 東京.com/素早い対応で確実に宅建業免許申請致します(新規申請、更新申請、変更届出) All Rights Reserved.