古物商許可 申請者の住所

下町の活力が日本を元気にする!!
東京 台東区・浅草橋の下町密着行政書士 
「会社設立 許認可申請」専門事務所
下町書士の増村です

古物商許可や宅建業免許を個人申請する場合に添付する書類に

住民票があります。

通常は、この住民票に記載されている住所を申請書に記入するわけですが

たまに、現住所(居所)が異なる場合があります。

申請書に記入する住所は、住民票上の住所?

それとも実際に住んでいる場所の住所?

悩みます・・・

悩んだらすぐ警視庁へ電話です電話

で、記載する住所は「現住所」に統一すべしとのご回答!

更に、住民票の添付にプラスして現住所地に住んでいるっことの

確認として公共料金の明細書申請者本人宛の郵便物のコピー

これを揃えておけば、「住所」についてはクリアーできそうです

申請書を提出する警察署によっては、不要と言われるケースもありますが

再度揃えてから出向くよりは効率的です!

宅建業免許の申請に関するご相談

宅建業の免許に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 宅建業免許申請代行 東京.com/素早い対応で確実に宅建業免許申請致します(新規申請、更新申請、変更届出) All Rights Reserved.