賃貸住宅管理業とは?

この賃貸住宅管理業登録制度を知る上で、
まずは「賃貸住宅管理業」とは?について書いてみます。

賃貸住宅管理業とは、入居者と賃貸物件オーナーを繋ぐ
大事なパイプ役と言えます。

安定した賃貸経営を求めるオーナーさんが専門の管理業者に賃貸物件の管理を委託
入居者へは、管理の行き届いた環境を提供していく。
とても重要な業種です。

そして、その業務内容について、賃貸住宅管理業者登録規定を見て行きますと、
以下の2パターンを定義しています

(受託管理)
 オーナーから委託を受けて行う当該物件の管理事務

(サブリース)
 業者がオーナーと賃貸契約を結び、さらに借主と業者が転貸契約を結ぶ業務形態

そして、さらに基幹事務として定義された以下の3事務のうち、1つでも含む事業をいいます
1家賃、敷金等の受領事務
2契約更新事務
3契約終了事務

しかし、最近問題視されている原状回復問題や過度な賃料取り立て行為等の
トラブルも目立って起きているのも現状です。

そこで、国土交通省の告示という形式にて
賃貸住宅管理業の登録制度が創設されました。

一定のルールを基に、
貸主・借主、そして管理会社の3者の利益保護を目的とした制度です。

増村行政書士事務所では、
賃貸住宅管理業登録の申請代行も承っております。
お気軽にご連絡ください。

宅建業免許の申請に関するご相談

宅建業の免許に関するお手続きについて、設立・許認可専門の行政書士がご相談承ります。お電話またはメールにて、お気軽にお問い合わせください。

Copyright(c) 2010- 宅建業免許申請代行 東京.com/素早い対応で確実に宅建業免許申請致します(新規申請、更新申請、変更届出) All Rights Reserved.